TOPライソゾーム病とは?具体的な疾患ファブリー病遺伝子の変化とその伝わり方

ライソゾーム病とは?

ページを印刷

ファブリー病

遺伝子の変化とその伝わり方

遺伝子の変化と症状の現れ方

ファブリー病は、α‐ガラクトシダーゼ(α-GAL)という酵素をつくる遺伝子の変化が原因で起こります。この遺伝子は性別を決めるX染色体上にあり、「X連鎖性劣性遺伝」と呼ばれる形式で伝わります。

※ファブリー病は、遺伝子変異を有している女性(ヘテロ接合体)に関しても、一定以上の割合で症状が出ることが分かっているため、「X連鎖性遺伝」とも呼ばれています。

染色体は、遺伝子の乗り物といわれ、染色体上にはたくさんの遺伝子が乗っています。ヒトの細胞には、2本ずつの対になった23対(46本)の染色体があり(図1)、このうちの22対の染色体は男女ともに同じで、「常染色体」と呼ばれます。残りの1対は男女で異なっており、「性染色体」と呼ばれます。男性にはX染色体とY染色体が1本ずつ、女性にはX染色体が2本あります。

図1 ヒトの染色体とα-GAL遺伝子の場所

図1 ヒトの染色体とα-GAL遺伝子の場所
男性(XY)の場合は、α-GAL遺伝子が存在するX染色体を1本もっています。そのため、X染色体にあるα-GAL遺伝子の変化が原因で、ファブリー病の症状が現れます。
これに対して、女性(XX)はX染色体を2本もっていますので、「X連鎖性劣性遺伝」の病気では、一般的に片方のX染色体にある遺伝子に変化があっても、もう一方のX染色体の遺伝子が必要な役割を果たすため、症状は現れにくいと考えられています。
しかし、最近の報告によると、ファブリー病では、片方のX染色体のα-GAL遺伝子のみに変化がある場合であっても症状が現れる人もいることが分かってきました2)。その理由としては、次のように考えられています。
女性は2本のX染色体をもっていますが、体の中で実際に働いているのは、2本のうち1本です。2本のうち、どちらの染色体が働くかは胎児の時期にランダムに決められるため、細胞によって働いているX染色体は異なっています。もし、変化のないα-GAL遺伝子をもつX染色体の方が働かなくなると、変化のあるα-GAL遺伝子だけになり、α-GAL酵素の働きがなかったり、低くなったりしてしまいます。そのため、α-GAL酵素の働きがなかったり、低くなった細胞が多い組織や臓器では、GL-3が蓄積し、ファブリー病のさまざまな症状が現れると考えられています。
  • 2) Kobayashi M et al. J Inherit Metab Dis : Online Report 003, 2008

親から子どもへの伝わり方

ファブリー病の遺伝子が親から子どもに伝わる確率は、ファブリー病の親の性別によって異なります。

例えば、母親が「変化のある遺伝子」を1本もっている場合、子どもが男の子、女の子、どちらであっても、「変化のある遺伝子」をもっている確率は50%です(図2)

図2 母親が「変化のある遺伝子」を
1本もっている場合

図2 母親が「変化のある遺伝子」を1本もっている場合

また、父親が「変化のある遺伝子」をもっている場合、「変化のある遺伝子」をもつ男の子は生まれませんが、女の子は必ず「変化のある遺伝子」をもって生まれます(図3)

図3 父親が「変化のある遺伝子」を
もっている場合

図3 父親が「変化のある遺伝子」をもっている場合
「変化のある遺伝子」をもつ人は、男性はファブリー病になり、女性は症状が現れない人から重い症状が現れる人までさまざまです。
また、両親から遺伝子の変化を受け取るのではなく、何らかの原因で突然α-GAL遺伝子が変化し、ファブリー病になることもあります。
戻る 次へ